放射線生物学 目次

序.放射線とその基礎

1.放射線生物学の概観

2.線量概念と単位

3.分子レベルの影響

4.細胞レベルの影響

5.臓器・組織レベルの影響

6.個体レベルの影響

7.遺伝的影響

8.胎児影響

9.放射線影響の修飾要因

10.放射線治療における生物学―核医学診療とがんの放射線治療―

11.内部被ばく

12.放射線防護―医療被ばくと自然放射線―

 

 

戻る